宿根草

2010年6月13日 (日)

チコリの花

チコリの花が初めて咲いた。

小さな苗を植えてから2年と2ケ月。長かった。

今じゃ身長2.3mの巨人となってつぼみをいっぱい付けている。

このブルーの花に出会ったのは数年前の紅葉の頃だった。

なんという花だろう。

それがチコリの花だということを後から知った。

チコリといえばサラダにしたりスープに使ったり。

こんな花が咲くとは、野菜の花とあなどるなかれ。

しかも秋まで咲くのか、秋に再びかはわからないが、長く楽しめるスグレモノだ。

で、チコリの花を咲かすには。

小さな苗を植えてじっと待つと1年目は50センチほどに成長し、花を付けることなく晩秋に葉っぱは枯れる。

引っこ抜かずに放置して冬を越し、2年目の春を迎えると枯れ枯れ状態だった株元から緑が広がり、サラダにしたいのをグッと我慢するとぐんぐん成長し側枝をいっぱい出してたくさんの花が咲いてくる。

ようするにほったらかしにしとけば2年目には花が咲く。

これがチコリ栽培レシピなり。Chicori

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

楽しいモレア

おらのお気に入りのひとつ、モレア。

モンタナと同じころに咲き始め花期もけっこう長い。

南半球育ちのアヤメの仲間らしいのだが詳しくはわからない。

ほったらかしでも毎年少しずつ領土を広げてる。

こういう野生児はらくちんだ。

おらんちのは白にブルーのスポット。

黄色にブルーのスポットもあるはずなのだが未だに見つからず。

花屋にも無い。ネットでも無い。

いったいどこを探せば見つかるのだろう。

楽しい顔を持つモレア。

K4205

つぼみが開き始める頃も見ていて楽しい。

K42025

一転キモイ話題になりますが、ロザリアンなら必見かと。

新種発見か?(んなわけねーだろ) バラのトゲを持つキモイ虫。

突然コイツを見た時は思わずわが目を疑った。

こんなパーフェクトな擬態は初めてだぞ。

虫の世界は奥が深い。

おっと、感心してる場合じゃないだろ。

神出鬼没のリトルデビルに手を焼いているのに更にコイツが増殖したらどうするのだ。

今年もバトルが始まりそうだ。やだね。

Rr422

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

コーレア?

おらが時々買い出しに行く愛知県豊橋市の宿根草専門店『studioうもーり』でコーレアなるもの発見。

花の大きさ4センチほど、壺形クレマのアルテルナータによく似た風貌だ。

本格的な寒さが始まる11月末から咲き始め4月末まで咲き続けるそうな。

霜に耐え雪に耐えて花を付けるそうな。

こいつはそうとうタフなやつらしい。

でも、おらと同じで夏はからきしダメらしい。

また、夏越しにチャレンジする植物が増えてしまった。

いつまでたっても衝動買いが治らないなぁ。

おっと、年賀状もまだなのにブログを書いてる場合じゃないのだ。

Colea_2

↓タフなやつら、小さなつぼみがスタンバイ。

Colea3_2

studioうもーり→http://homepage2.nifty.com/studio-umorly/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

宿根草の買出し

高速代も1000円になったことだし、ちょっくらいくべか。

つーわけで片道180kmをぶっ飛ばして買い出しに。

八ヶ岳の麓にある宿根草専門店、ミヨシ ペレニアルガーデンABABAへ。

レトロ咲きのポテンティラ、白花ギレニア、木立性のオレガノなどなど。

しめて4000円程なれど諸費用がその数倍かかってしまった。

ちょー高くついた買出しであった。

↓春の花はタネを付け初夏咲き夏咲きの草花が咲き誇るABABAのペレニアルガーデン。

Ababa

↓ふつーポテンティラといえば黄色か赤だよな。

こんなレトロ咲きのポテンティラは見たことないぞ。

いつまでたっても衝動買いが治らない。

Po629

↓久しぶりにERティージングジョージア。

こんな暑さじゃまともな色が出てないが色褪せた感じもわるくない。

Tg629

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

おらんちの庭のヌシ

にほんブログ村 花ブログへ

おらんちの庭のヌシ、ヤマモモの大木に緑が広がってきた。

他の樹木に遅れること1ケ月、6月に入らないと芽吹かない。

夏の暑さに弱い草花には日陰をつくり、小鳥の棲みかにもなる。

毎年セミの幼虫もこの木を登って羽化の時を待っている。

もう少しで、羽化のなごりのぬけ殻があちこちに。

おらんちの庭にはなくてはならない働きものだ。

Nusi621

株元には夏の暑さがにがてなゲラニウムやアストランティア、イングリッシュラベンダーなどなど。

Nusi620

梅雨になろうが、カンカン照りだろうが、おかまいなしに元気印の夏咲きセージ。

このお気に入りのロシアンセージもその一つ。

植えてからずいぶん経つが、優しげな花に似合わず野性児だ。

咲き終わった先端をカットすれば、次から次へと咲いてくる。

秋遅くまで咲き続けるのもロシアンセージのいいところ。

ただ、株が大きくなると背丈が1m以上になるので他の草花とのバランスだけは要注意だ。

Ruse619

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

おらんちのスーパーマン

にほんブログ村 花ブログへ

バラゾウムシに強敵現る。

今まで気がつかなかったのか、今年突然出現したのか分からないが、おらんちにとってはスーパーマンにも勝る強い味方。

春先、バラのつぼみが膨らみ始める頃からあちこちで見かけるようになった。

その頃はまだ5mmほどと小さかったが、よく見ているとアブラムシに忍び寄ってムシャムシャやっていた。

今まで見たこともないグロテスクな姿と気持ち悪い模様から抹殺も考えたが、バラにとっては益虫だ。

てな訳で、命拾いしたこの虫は、最近では2cmほどに成長しバラの葉っぱを行ったり来たり。

大きくなったせいか、バラの二番花の花柄摘みをしているとあちこちでよく出くわす。

今日もヘリテージの花がらを摘んでいると、ん? まさか? マジ?

なんと、バラゾウムシを捕えているではないか。

近寄ってマジマシ見ると口(口があるのかどうかは分からないが)のあたりから細い管のようなものが伸びてバラゾウムシを串刺しにしている。

オラとしては捕獲方法はどうであれ、小さな悪魔バラゾウムシをやっつけてくれるとは感謝感激。

グロテスクな姿なれど、外見で判断しなくて良かった、今思えば。

バラの救いの神、こいつはいったい何者なんだ。

Muzo2

おらんちのスーパーマン、2枚目の雄姿

Muzo1

主役の座を得体の知れない虫に奪われ、今日は脇役。

何度聞いても名前を覚えられない宿根草、マーシャリア トルネルバ。

これから夏に向かって咲いてくる。

Mato

待てども待てども花咲かず。

植えて3年目でようやく開花のサルビア クレベランディ。

こんなこともあるんだな。

Sacle

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

バラに負けるな

にほんブログ村 花ブログへ

5月の庭は、バラに押されて肩身が狭い宿根草。

が、宿根草に支えられてのバラでもある。

つーことで、元気印の宿根草を。

這性のシレネに遅れること1ケ月。

木立性のシレネが長い茎を伸ばしてきた。

グリーンベルの異名を持ち、ユニークなタネ袋を膨らます。

海の中にもこんなような生物がいたような。

Si516

ゲラニウム カシミール ホワイトがタスマニアン バイオレットの中で咲き始める。

じみ花だけど、この場所にはこういう感じが一番しっくりくるんだよな。

Gkw5161

本来の色になってきた。

アストランティアはこの色じゃないとな。

Ast5161

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

三度目のアストランティア

夏越しに二度も失敗してるというのに性懲りもなく再々々チャレンジしたアストランティアが咲いてきた。

特にこれといって特徴があるでもなく、特にきれいというわけでもなく、どっちかといえばじみーだよな。

が、なぜかあきらめがつかないのはなぜだろう。

今回は、春は日当たり良好、夏はパーフェクトに日陰になる特等席、しかも完璧なまでの水はけ対策もした。

三度目の正直か、はたまた二度あることは三度ある、いったいどっちだ。

Asro59

これも今年のニューフェイス。

ゲラニウム スプリッシュ スプラッシュ。

このゲラも夏が苦手なんだよなぁ。

一年草で終わるか、過酷な環境に順応するか、やってみないと分からない。

Gess59

とりあえず、くらくらローズをおまけで一つ。

オールドローズのカーディナル ヒューム。

なかなか渋い色で咲きそうだ。

Ch551

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

近頃のモンスターローズガーデン

にほんブログ村 花ブログへ

お得でじみーなアネモネ シルベストリス。

さすがに真夏はちょっとお休みするものの秋まで咲いてる変りだね

長く咲くのはいいけれど季節感がないんだよな。

Asi424

おらんちでも完璧に宿根したシレネの這性タイプ。

おら的には木立タイプの方がお気に入りなのだが、まだまだつぼみが小さい。

ユニークなタネ袋を膨らませて咲いている。

Siu424

バラが咲いた、バラが咲いたとブログのあちこちから聞こえてくる。

おらんちは、まだ。

楽しみは後に残すべし(んなわけねーだろ)

ただ、バラの足もとのハーブや宿根草だけは茂ってきた。

宿根草だけ茂ってもなぁ。

GWには咲いてくれよな。

Se423

去年は地植えで自由奔放、直径1m越えの問題児ホスタ。

今年は鉢に閉じ込めて、自由を奪う。

たのむから小さく小さく育ってくれ。

Ho423

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

近頃のモンスターローズガーデン

にほんブログ村 花ブログへ

今日のおらんち、日中は27℃でとうとうTシャツを引っぱりだした。

いつもならGWの頃に咲き始めるゲラニウムステファニーとアヤメの仲間?(多分)モレアが開花。

雨が降らない、外は暑い。

庭の草花もそうとうへばってる。もちろんおらも。

バラの季節が来る前にビールがうまい季節がきてしまった。

ゲラニウム ステファニー。

おらんちのゲラの中ではトップ引き。

去年の夏を乗り切って、これで2回目の開花となった。

なんとかおらんちの過酷な環境に順応したようだ。

Gest411

モレア(あやめの仲間だと思う、自信はないけど)

大木の木陰の下に植えて数年経つが、少しずつ少しずつ領域を広げてる。

あやめって日陰の植物だったっけ?

More411

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧