ハーブ 宿根草

2009年5月28日 (木)

近頃のモンスター ローズ ガーデン

にほんブログ村 花ブログへ

バラの季節はほぼ終わり、夏に向かって咲き続ける宿根草が元気印になってきた。

おらんちのグランドカバーといえば、タイムとタスマニアンビオラなのだが、このポテンティラも候補になりそうだ。

この這性のポテンティラは、地面にへばりつきながらランナーを伸ばし領域を広げていく。

Pote527

ちょー遅咲きのゲラ、ジョリー ビー。

去年の夏を乗り切って、過酷なおらんちでもなんとか宿根したようだ。

ジョンソンズ ブルーと双璧の青花ゲラニウム。

Gejb527

今年のクレマのニューフェイス、プリンスチャールズ。

樽へ誘引して遊んでみた。

さて、これから順調に育ってくれるだろうか。Clpc527

咲いた姿はやさしそうな顔をしているが、こいつはとんでもない厄介ものの宿根バーベナ。

地下茎をあらゆるところへ張り巡らせ、他の草花を侵食していく。

時々、根っこごと引っこ抜いておかないととんでもないことになるのだ。

Sba527

春のバラもほぼ終わり。

なごりバラのひとつとなったERクラウンプリンセス マルゲリータ。

オレンジがかったアプリコットで咲き始めクリームイエローへと変化する。

Cpm5161

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

ラベンダーの季節

にほんブログ村 花ブログへ

これでもか、と言わんばかりに咲いていたバラも、ちょっと静かになってきた。

今は、ハーブや宿根草のなかでぽつりぽつりと咲いている。

オラ的には、こんな感じの咲き方がお気に入り。

バラに時間をとられているうちに初夏咲きの宿根草がずいぶん茂り、緑の庭へと変身中だ。

おらんちでは、一番遅咲きのイングリッシュラベンダー。

光を求めてフェンスを飛び出す。

Erav526

春のバラが終わりかけると咲いてくる道沿いのイングリッシュラベンダー。

Erav525

バラの足もとをデコレーション。

古株のフレンチラベンダー アボンビュー。

Laab5161

おらんちのグランドカバーといえば、タイムとこのタスマニアン ビオラ。

バラの頃から咲き始め、秋遅くまで咲いている。

放置すると勝手気ままに領域を広げていくので要注意。

Tava521

モンタナの葉っぱでのぞき窓。

Nozo

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

雨にもマケズ

にほんブログ村 花ブログへ

おらんちにもバラの二番花が、ぽつりぽつりと咲き出した。

が、きれいじゃなーい。

虫虫、ムシムシ、これじゃ綺麗に咲くわけないよな。

おまけに、秋でもないのに葉っぱがひらひら。

バラの写真は諦めて元気印に目をやるとフェンス沿いのハーブや宿根草が元気もりもり。

雨にもマケズ、風にもマケズ、夏の暑さもなんのその。

オラの好きなボックセージやロシアンセージも風にゆらゆら。

やっぱ、今の季節はこれだなあ。

Fen618

↓お気に入りのロシアンセージ

Russi

↓これも、お気に入りのボックセージ、夏おそくまで咲いている

Bogs

↓ピンクのベルガモット、咲き進むとアルシンド咲きになるのが、ちょっとなぁ

 注 アルシンド→かつて鹿島アントラーズで大活躍したサッカー選手

Beruga

↓伸びる伸びる、長さだけなら、これもモンスターのソラナム

 バラと違い誘引はラクチン、宿根草の下の方で咲いている

Sora618

| | コメント (14) | トラックバック (0)