« 2010年6月 | トップページ

2011年11月

2011年11月17日 (木)

しかたがないのでポルトガル。

カメラを持って庭に出る。                                           が、無い。撮るモノが無い。                                                    バラはポツポツ咲いているがショボイのだ。                                しかたがないのでポルトガルの続きを性懲りもなくUPUP。                       ポルトガル中央部の小さな町ポルタレグレにて。                             玄関前で掃除をしていたおばあさんに声をかけるが会話はまったく成立しなかった。       若かりし頃は美人だったおばあさん、お元気で。                                                                                                               

                                              P1060454

海沿いの町、エジンバラの丘の上で子供たちの声が聞こえる。                    声に誘われ密集した路地を進むと学校があった。                            小さな子供の声が教室の中から聞こえてくる。                              窓にユニークなペイントを発見してパチリ。                                Ts3y0074

エボラ。日本でいえばさしずめ城下町といったところか。                       城跡を取り囲むように民家が密集している。                                   民家といってもほとんどが二階だての棟続きのアパートメントになっている。          そのドアに強烈ならくがき?それともアート?                               やることがハンパじゃないな。                                       Ts3y0052

ポルトガルは、どこへ行っても石畳。そして坂道。                           トレッキングシューズを持って行って正解だった。                           どこの村なのか今となっては定かでないが、気になるバイクが。                  なぜか絵になるんだよなー。                                       Photo

           


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

ポルトガルにて

わけあって長い長い休眠状態だったが、なんとかブログ復活かも?。                           つーことで、今回はポルトガル見聞録を。                                           ポルトガル?  知っているのはスペインの隣の小国で、昔は鉄砲、カステラ、今はサッカーの超スーパースター、クリスティアーノ・ロナウドぐらい。                                                おらにしてみれば未知の国というべきか。                                           窮屈なシートに15時間、我慢の限界を過ぎたころようやくリスボンに到着した。                    黒人が多い。ジブラルタル海峡の向こうはアフリカ大陸なんだと実感した。                       リスボンを拠点にして海辺の町や小さな漁村、スペイン国境に近い山沿いの田舎町をうろうろ。          リスボンは英語の単語連発でなんとか会話が成立するものの、田舎のじいちゃん、ばあちゃんはお手上状態で紙と鉛筆、身振り手振りでかろうじて意思を伝える。                                      会話に苦労しながらも、できるだけ現地の人とコミュニケーションをとり、生活感溢れる町や村へと入っていった。                                                                  スペイン国境に近い村ポルタレグレの街並み。赤い瓦屋根と白い漆喰の壁。                    昔からの建築様式を今も守っている。

Ts3y0028

内陸の小さな村マルバオンにて。写真を撮っていいかと尋ねると渋い表情で構えてくれた。           撮り終えるとにこやかな笑顔にもどっていた。

Ts3y0006_4

歩き疲れて一休み。ポルタレグレにて。

P1060484_2

リスボン市民の生活の足は、メトロとこのトラム(路面電車)

Ts3y0059_2

庭は、秋のバラがちらほら。ブルーの秋咲きセージが満開です。                           雑草も満開です。自然の庭とはこういうことか。またの機会に。




                                                                                                                        




                                                           

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ