« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

あけまして

にほんブログ村 花ブログへ

Aha50

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

真冬のチューリップ

にほんブログ村 花ブログへ

クリスマスも無事?通り過ぎ、あとは日本最大のイベント、手ごわいお正月を乗り切るのみ。

真冬とは思えない暖かな日中、どこかに春の気配はないかと庭をうろうろ。

今年のこぼれ種でここまで成長したオダマキ ブラックバーローの間で5センチ程に伸びた原種チューリップ リトルビューティが顔を出している。

大丈夫か、寒波前にこんなに大きくなって。

植えっぱなしでも毎年花を咲かす手間いらずのすぐれもの。

花は小さいものの子球で増えて、タイムやスミレの間で毎年少しずつ広がってゆく。

よく見ると他の場所でも顔を出していた。

まさか1月に咲くつもりじゃないだろうな。

おらんちの球根植物の中で春を告げる不動のトップバッターはスノードロップなのだ。

順番を間違えないでくれよ。

Tloda

↓春のリトルビューティ

Tlb

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

Merry Christmas

Mc8

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

冬枯れの庭はどこだー

にほんブログ村 花ブログへ

クリスマスのカウントダウンが始まり、今年もあとわずか。

なのにフェンス沿いのハーブ、宿根草は枯れる気配もなく青々としている。

今年はこの時期になっても、まだ霜が降りない。

どうみても普通じゃない。

いつまでも元気なのはかまわないけど、とても喜ぶ気にはなれないなぁ。

冬枯れの庭こそ今の時期にはふさわしい。

早く枯れてくれとも言えないし。

今年はいろんなところで歯車が狂っている。

おっと、おらの歯車は大丈夫だろうな。

クリスマスローズになりそうなヘリテージ(ER)がぽつんと咲いている。

周りのみんなは、とっくに眠っているのに。

Fenwin

↓ぽつんと咲いてるヘリテージ(ER)、クリスマスが過ぎたらお休みさせてやろう

Heriaki

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

休眠中のゲラニウム

にほんブログ村 花ブログへ

夏の暑さが苦手なゲラニウム。

何度も夏越しに失敗し、それでもめげずトライして、これで3回目の挑戦となる。

この秋、新たにお気に入りを取り寄せて春の植付け(地植え)を待つ。

バラの木陰にゲラニウム、こうなったら意地でもやってやるー。

ほとんどの株が葉を落とし休眠に入ったのに、ヒメフウロだけは葉っぱが枯れず花も一輪咲いている。

日本の原種は寒さに強いのか? 冬でも休眠しないのか?

ゲラ初心者の僕にはわからないことが多すぎる。

Gerabo

春に向けスタンバイする面々。

この中で生き残るのは誰だー。

てゆーか、全員生き残って欲しいんだけど。

Gera

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

ウッドボード

にほんブログ村 花ブログへ

バラとクレマチスの背景にと作ったウッドボードに冬の朝日が差し込んできた。

クレマチスの枯れ枝も無くなって、すっきりさっぱり。

毎年56月には、ここがバラとクレマの共演の舞台となる。

足もとの宿根草もクリスマスローズ以外は枯れて、春待ちモードへと入っていく。

今は、ビオラだけがわずかに色を添えている。

Boadwin

↓ウッドボードに展開する5月のクレマチス、原種系フロリダ

Flo505

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

おらんち最後の紅葉

にほんブログ村 花ブログへ

10月中旬のスモッグツリーから始まった紅葉もブラックベリーとブータンルリマツリでようやく最後となり、それも今日の雨で落ち葉となった。

みんな葉っぱを落としてすっ裸。

そんな中でも、よく見ると小さな新芽や花芽を付けて春を待つものもいる。

これから北風の中、春待ちモードでしっかりエネルギーを蓄えて春に一気に爆発してくれ。

↓今年一年で伸びに伸びたブラックベリー、来年の収穫は安泰か?

Bbe

↓花屋さんではルリマツリモドキの名で流通しているが、SWEET LINENShttp://larchmont.blog108.fc2.com/の景子さんにブータンルリマツリの名称があると教えてもらい、以後この名前を使っている。

このブータンルリマツリは、ちょーお値打ち、スカイブルーの涼しげな小花が春から晩秋まで休みなく咲き続ける。

Bruri

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

オノオレカンバの立木

にほんブログ村 花ブログへ

クレマチス モンタナルーベンスの葉っぱが無くなる冬の間だけモンスター ローズガーデンの表札付近が全貌を見せる。

立木の横に根を下ろしたモンタナは、表札の周りを取り巻きながら玄関先へ、あるいは二階へと伸びている。

オノオレカンバ(斧折れ樺)、正式名ダケカンバ(岳樺)が、表札を取り付けた立木の名前である。

振り下ろした斧が折れるほど堅いことからこの名前がついたという。

白樺より標高の高い、寒い地域に生息し大きくなるのに気が遠くなるような時間がかかるという。

そのオノオレカンバが倒木となり、モンスターローズガーデンへやって来て、もう20年。

今も当時の姿のまま朽ちることなく、モンタナのつるを絡ませて、この風景に一役かっている。

Hyosatu

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

最後のモンスター

にほんブログ村 花ブログへ

春から休日返上で咲き続けたブログタイトルにもなっているモンスターローズ(本名つるばらマーメイド)

最後のつぼみが膨らみはじめる。

が、が、この状態から一週間過ぎてもまったく動きなし。

さすがに体力を使い果たしたか。

今年はもうかんべんしてくれー、そんな声が聞こえてくるような。

Mrtubo

↓初夏のマーメイド、淡いイエローのグラデーションに特徴がある

Merm401

本日の庭仕事、ワイヤープランツの散髪。

ワイヤープランツを庭植えしたのはいつ頃だろう。

何もしないでほったらかしでも年々領土を広げていく。

狭い丸太の小道に進出し、歩きづらくてかなわない。

思い切って散髪し、んー、すっきり。

これで春まではおとなしくしてるだろう。

Wp3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

ローズヒップ

にほんブログ村 花ブログへ

つるばら ポールズ・ヒマラヤンムスクのローズヒップ。

パーゴラの一番上に陣取り特等席を独り占め。

小花房咲き香り少々、春一季咲きでやさしい色合い。

ところが、このバラ、冬になると豹変する。

いわくつきのポールズのトゲ、鋭いキバで防備して近づく者に襲いかかる。

夏の間、自由奔放に伸びた枝の誘引作業は、想像を絶する大仕事。

あと1ケ月ほどすると年に1度のデスマッチが待っている。

服はビリビリ、手は傷だらけ、手袋つけたら仕事にならぬ、できることならやりたくないなぁ。

遥かかなた(んな分けないだろー)のローズヒップを見上げて、ふと思う。

いっそ根元からバッサリやろかなぁ。

Rh

↓春だけみれば、いい感じなのに

Phm452

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

12月のバラ

にほんブログ村 花ブログへ

12月に入り、ほとんどのバラが体力の限界からお休みモードに入ってしまった。

そんな中、まだしぶとく花を付け、つぼみも少しづつではあるが膨らませている元気印もまだ少し。

できることなら、あと20日ほど、クリスマスローズ(クリスマスのバラ)になるまで持ちこたえてくれ。

で、その元気印。

ER セプター ド アイル。

おらんちでは春も秋もか細くひ弱で、他のバラが咲いてる時はいるのかどうか分らない。

だから目立つように今頃咲くというわけか。

Sile

OR ブラッシュ ノワゼット。

おらんちのバラの中で一番しぶとく一番働き者。

5月に咲き始め春夏秋冬、休日返上で咲き続ける。

小花房咲き香りよし。

強いオールドローズ香には、いつもクラクラ。

Bnaki

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »