« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

バラの強敵

Kami

突然ですが、強暴、貪欲なゴマカミ(ゴマダラカミキリ)とは俺のこと。

Rocky庭のバラの根元に産卵するつもりが、とんだドジをふんじまった。

放せー、放せーつーんだよ、くっそー。

おっとどっこい、そうはいかぬ。

幼虫になってバラの中に3年も潜伏)されてズタズタにされてはたまったもんじゃない。

運が悪かったとあきらめろ。

3年間潜まれたらほとんどのバラはお亡くなり。

なにしろ株元内部がぽっかり空洞だからたまらない。

今、産卵そのものを防ぐ秘密の実験中。

結果は9月頃判明。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

復活咲き

Cris1

壺系クレマの原種クリスパがようやく咲き始めました。

もう少しブルーっぽいはずなんだけど。

毎年5月中旬、バラの頃に咲くはずなのに今年はなぜか新梢の伸びが不調。

花芽があがる気配なし。

早めに見切りをつけて、地際からばっさりカットしたところ、新しく伸びてきたつるにようやく花が咲いてきました。

これって二番花?

いったい春の生育不良は何が悪かったのだろう。

今は小さなつぼみもいっぱいで元気印となりました。

Cris2

7月27日 本来の花色に近づく

Cris3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

ゲラニウム レナルディ

Gerare2

ゲラニウム レナルディ゛

たしか3年程前に開花株を購入して即、地植え。

以来、枯れることなく、花も付けることなく、大きくなるわけでもなく、今では宿根草に埋もれ完全に忘れられた存在となっていた。

当然、どんな花だったか完全に記憶がとんでいる。

ゲラ専門サイトで調べてびっくり。

なんと目をみはるようなきれいな花ではないか。

しかもコーカサス地方に自生する原種とある。

これは超過保護にせねば。

やさしく、やさしく掘り起こし通気性のいい鉢に移植となったのであります。

ただ、急激な環境の変化の変化に耐えられるか。

耐えて涼しくなる秋まで持ちこたえるか。

いちかばちかのギャンブルとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

ゲラニューム サマースカイ

Gera

ゲラニウム サマースカイの夏越しに再チャレンジ。

今年もだめかとあきらめていた矢先、ふと見ると小さな緑の新芽が顔を出していた。

夏の最高気温が35°以上の延べ日数が20日ほどあるこの地域では暑さに弱いゲラニウムの夏越しはなかなか難しい。

昨年も失敗、その前も失敗。

だが、めげづに今年もまたチャレンジすることとなった。

さあ、秋まで持ちこたえることができるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

ヘンリーつた

Henly                。

朽ちた枕木に植えたヘンリーつた。

ほんの少しの土なのに、よくぞここまで育ったものだ。

秋の紅葉に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

ハーブ カラミンサ

Cara40

昨年からあちこちに植えたハーブ カラミンサ、今年は株が一回り大きくなって白い花をいっぱい付けてきた。

秋まで咲き続け、気温が下がると少しブルーがかってくる。

夏の白、秋のブルー、どちらもいい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

スーブニール ドゥ ラ マルメゾン

Sm406

上が開花状態、下はその一歩手前。

Sm405

OL スーブニール ドゥ ラ マルメゾン、春の花から2ケ月とすこし。

ようやく二番花が咲き始めました。(長かった)

気温が高いせいか春の濃厚な香りが少し弱くなっている。

淡いピンクのグラデーションと濃厚な香り、僕の好きなバラの一つです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

タングチカのつぼみ

Tan402

先日黄色いクレマのタングチカ、開花をUPしたものの蕾もなかなか味がある。

7月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロリダのヒゲ種

Frotane

クレマチス 原種フロリダのヒゲ種。

フロリダは毎年半分をばっさり、半分をヒゲ軍団として残す。

種の群生?もなかなか見ごたえあり。

それにしてもフロリダの挿し木はなかなか発根しないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふしぎなチョウ

Bfly

4月中旬、午前9時頃。

ローズマリーの花にとまっていました。

Monster Rose Garden にいろんなチョウはやってくるもののこんなのは初めて。

どうみてもこの模様は擬態そのもの。

ひょっとして新種発見か。(んなわけないか)

でも気になる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スカーレットのヒゲ種

Scatane40 Sca404

相変わらず咲き進むスカーレット。

でも下の方ではもうヒゲ種が。

7月6日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

モンタナ ルーベンスの棲みか

Mrsumi

モンタナ ルーベンスの植え穴は赤い矢印の下、グラス(カレックス)の奥です。

枝分かれしてぐしゃぐしゃになっている太いツル、わかりますか。

真夏、ここの環境は昼から日没まで日照、西日はストレート。

一日中、陽が照るよりはましですが環境としては悪いです。

大きく茂ったツルバラの葉とグラスで日差しをさえぎり、地表面まで光はほとんど届きません。

地表面と葉っぱの間には空間(空気の層)があり、冷たい空気が土の温度上昇を抑えてルーベンスの根を守ります。

バークなどのマルチングとの違いはここですね。

植え穴周辺もアイビーで覆われています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

プランツタグ

Pla1

八ヶ岳にて草丈が60cm程に長くなる品種のベロニカ、ブルー系とピンク系をゲット。

さっそく庭に植えるも、ぜったいに覚えられない名前のためプランツタグをつくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

タングチカ

Tan_1

夏咲きクレマのタングチカ、ようやく開花となりにけり。

昨年はひとつも咲かず、なぜ。

今年はつぼみをいっぱい付けながらアケビのツルに絡みぐんぐん伸びている。

梅雨明け頃はちょっといい光景か。

バックにティージングジョージアの二番花がチラッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »